村松山 虚空蔵堂とは? 年間行事案内 諸堂案内 参拝のご案内 村松山 虚空蔵堂 Q&A 映像の部屋
村松山 虚空蔵堂とは?
村松山大満子空蔵尊の由緒
日本三体虚空蔵
年表
HOME > 村松山 虚空蔵堂とは? > 村松山大満虚空蔵尊の由緒
村松山大満虚空蔵尊の由緒

 村松山虚空蔵堂は平安初期大同二年(八〇七)に弘法大師が、鎮護国家、万民豊楽、平和祈願の等身座像の虚空蔵菩薩を一刀三拝の礼をつくしてお刻みになり、平城天皇から「村松山神宮寺」の勅額を賜わり、創建された。平安末期より鎌倉、南北朝、室町、安土桃山時代まで五百年の間佐竹氏が隆盛を極め、その保護のもとに当山も又塔中寺院、円蔵寺、松林寺、歓喜寺、東光寺、竜蔵寺、竜光院等幾多の僧坊を連ね、多数の学徒の養成に貢献した。文明十七年(一四八五)に、佐竹氏と岩城氏が村松で交戦し、当山も兵火に罹って伽藍一切、勅額共に消失した。本尊は佐竹氏の一族である真崎浦天神山城主、真崎三郎の奉納した御厨子と共に火を免れ今に伝わる。

焼失から2年後の長亨元年(一四八七)、頭白上人により再建され、村松山神宮寺を改め、村松山日高寺と称し、福徳智能、除災招福、一代開運を授ける祈願寺の根本霊場として伽藍が整備された。

 後、徳川氏天下に覇をにぎるに及び、家康公より朱印五十石を寄進された。また、天和三年(一六八三)塔中の寺を竜蔵院、竜光院のニ院を以ってそれぞれ別当とし、修験道に改宗し、五所明神と虚空蔵尊を分離させ堂塔伽藍を修理し、御前仏たる虚空蔵尊を修飾し、自ら蓮華台上に次の文を刻された。


村松浦隷千内 、 浦有虚空蔵菩薩像 、 日域三虚空蔵之一而霊日新、 然歳月之久 、像躯朽弊矣、 方今命工修飾安置之云 、 『貞亨三歳次 丙寅猟月 穀旦、 参議従三兼行石近衛権中将水戸府源光圀識 』(一六八六)


 更に光圀公は巨額の資を献じて伽藍の美を一新された。しかしその後、光圀公は佐竹氏の師資相承の僧侶を嫌忌し真言宗日高寺を廃した。当山は乱世の坂東に幾多の兵火にあい、盛衰を越えつつ、明治の御代まで法燈は連綿として維持されてきた。ある古書の一説に、慈覚大師の開基と記されているが、文献は兵火により全く焼失し、いまだ定かではない。慈覚大師は関東、東北の仏教開発の稀代の名僧として知られる。
 併、当山寺伝の縁起等によれば、勤行法則は古来より弘法大師相承の秘法、金胎両部、真言密教を以って教学に当たり、板東仏教の源をなすものとあり、古来宗派の別なく参詣のできた、仏教徒宿願の霊場と云われていたと、歴代先師の口伝にある。 

 藤田東湖曰く「本尊虚空蔵菩薩は関東第一の霊仏にして、貴賎の巡礼絶えることなし、此れに由りて之を観る時は、其の霊験のなす所悉知するに足れるなり。」 

 明治三年(一八七〇)廃仏棄釈の令が行われて当山も「星の宮」と改称されたが、明治四年、茨城県令より突然「星の宮儀、従前通り虚空蔵と称す可し」との命令があり、再び創建は弘法大師の開基と改められ真言宗日高寺となった。
  明治三十三年三月(一九〇〇)門前の民家から失火、当山の伽藍は総て茅葺きのため、本堂(三三〇平方メートル)仁王門、三重塔、客殿等ことごとく類焼の厄にあったが、幸に本尊と鐘馗霊神は災をまぬがれたのである。

 大正六年本堂を再建し、同年書院、同十二年長廊下、同十四年鐘馗霊神堂を再建し、昭和元年仁王尊献納会より献納をうけ、昭和九年四月講社より客殿寄附、同年奥之院多宝塔一基を寄進され、昭和十五年奥之院参道石段及び土止垣建設、昭和四十五年仁王門再建、同四十七年石畳参道完成、昭和五十五年大鐘楼堂が再建、昭和五十八年信徒会館が完成、平成十年に三重宝塔が再建され、真に天下の名刺に愧じない諸仏集会の楽苑となる。

 平成十五年は専誉僧正四百年、頼瑜僧正七百年の御遠忌の年にあたり、その記念事業として、また新しい世紀への第一歩として本坊を建設した。





ページの先頭へ