村松山 虚空蔵堂だより

トップ > 村松山 虚空蔵堂だより > 厄除け・厄払いの知識 > 鍾馗(しょうき)様とは?鍾馗様の伝説や飾り方をご紹介!

鍾馗(しょうき)様とは?鍾馗様の伝説や飾り方をご紹介!

2020年07月30日

鍾馗(しょうき)様とは?鍾馗様の伝説や飾り方をご紹介!

こんにちは!茨城県の村松山虚空蔵堂です。

 

みなさんは『鐘馗(しょうき)様』をご存じですか?

 

端午の節句で五月人形として飾られたり、旗や凧、掛け軸、さらには屋根の上に鐘馗様の像をのせる地域もあります。

 

大きな眼と長いひげをたくわえた姿が印象的な鐘馗様には、どのようなご利益があるのでしょうか?

 

今回は鐘馗様の由来やご利益、飾り方について詳しくご紹介します。

 

 

鍾馗(しょうき)様とは?どうして鍾馗様を飾るの?

鐘馗(しょうき)様とは中国に伝わる道教系の神様のことで、日本では平安末期から信仰がみられます。

 

図像を飾ることで疫病除け・魔除けの効果があるとされ、掛け軸や旗などにその姿が描かれていることが多いです。

 

虚空蔵堂の裏手にも鐘馗霊神堂があり、お堂の中には鐘馗霊神の絵馬が祀られています。

延宝三年(1675)に伝染病が大流行した時、鐘馗霊神の絵を奉納したところ、大流行が治まったと伝えられ、今も多くの人が参拝しています。

 

戦国時代には『鐘馗(しょうき)=勝機』の音が同じで縁起が良いとされ、旗印や陣羽織に鐘馗様を描いてげんを担いだ武将もいました。

 

また、鐘馗様は家を守ったり無病息災を願う意味以外にも、学業成就の神様として知られています。

 

 

鐘馗(しょうき)様の伝説とは?

鐘馗(しょうき)様が祀られるようになった理由に、次のような伝説があります。

 

唐の時代に終南山という地に住んでいた青年鐘馗が、高級官吏になるため科挙(試験)を受けました。

 

鐘馗は1番で合格して「状元」の称号を受けたのですが、大きな体とひげ面で人相が悪かったため、皇帝の玄宗は鐘馗を恐れて称号を取り消します。

そのことに絶望し、鐘馗は自殺してしまいます。

 

その後玄宗はマラリアにかかり高熱のなか夢で小鬼に苦しめられるのですが、そこに大鬼が現れ、あっという間に小鬼たちを退治したのです。

 

助けてくれた大鬼に「お前は誰だ」と尋ねると、「鐘馗だ」と名乗ります。

「自分は科挙に落第したことで自殺したが手厚く葬ってもらったので、その恩に報いるため天下の災いを除くことを誓いにたてた」と。

 

その後夢から覚めた玄宗は病気が全快したことに気付き、急いで画家に夢に出た鐘馗を描かせます。

 

マラリア(疫病)から救ったこと、科挙に合格したことから、鐘馗様は疫病除け・学業成就のご利益がある神様として祀られるようになったのです。

 

 

鍾馗(しょうき)様はどこに飾るの?

守り神の鍾馗

鐘馗(しょうき)様は学業成就や魔除けの目的で、五月人形や掛け軸として室内に飾ります。

これは関東地方に見られる飾り方で、近畿地方では屋根の上に飾ります。

 

なぜ屋根の上に飾られるのか?

それには、こんないわれがあるのです。

 

昔、京都の三条で薬屋が立派な鬼瓦をふいたところ、向かいに住む奥さんが病に倒れてしまいました。

なぜ病になったのか調べると、薬屋の鬼瓦によって跳ね返った悪いものが向かいの家に入ってくることが原因だとわかりました。

 

そこで、鬼より強い鍾馗様の像を伏見の瓦屋に作らせ屋根に据えたところ、病が完治したのです。

 

この飾り方は京都を中心に広まったのですが、これは向かいの家が鍾馗様を据えると何も言わず同じように自分の家にも鍾馗様を据えるという、京都人の性格も関係したようです。

 

ちなみに向かいの家が鬼瓦の場合は軌道様を正面に据えますが、軌道様の場合はお互い睨み合いにならないよう目線をはずして据えます。

 

他にも鐘馗様の睨みを笑い飛ばすという意味で「おたふく」を据える場合もあります。

 

鐘馗様には強力な魔除けの力があるんですね。

 

 

まとめ

●鐘馗(しょうき)様とは中国に伝わる道教系の神様のことで、日本では平安末期から信仰がみられます。
図像を飾ることで疫病除け・魔除け・学業成就の効果があるとされており、掛け軸や旗などにその姿が描かれています。

戦国時代には「鐘馗(しょうき)=勝機」の音が同じで縁起が良いとされ、旗印や陣羽織に鐘馗様を描いてげんを担いだ武将もいました。

 

●唐の時代に皇帝の玄宗はマラリアにかかって高熱のなか夢で小鬼に苦しめられますが、鐘馗によって助けられます。

その後夢から覚めた玄宗は病気が全快したことに気付き、急いで画家に夢に出た鐘馗を描かせます。

このような伝説があり、軌道様には疫病除け・学業成就のご利益があるとされています。

 

●関東地方では鐘馗様を五月人形や掛け軸として室内に飾りますが、近畿地方では屋根の上に飾ります。

昔、京都の三条で薬屋が立派な鬼瓦をふいたところ、鬼瓦によって跳ね返った悪いものが向かいの家に入り、そこに住む奥さんが病に倒れてしまいました。

そこで鍾馗様の像を屋根に据えたところ病が完治したことから、特に京都では屋根に鐘馗様の像を据える家が多いのです。

 

厄除け・厄払いはぜひ茨城県の村松山虚空蔵堂へ。

 

茨城県の村松山虚空蔵堂は、平安時代に空海(弘法大師)によって創建された寺院です。

当山本堂の裏手には鐘馗霊神堂があり、お堂の中には鐘馗霊神の絵馬が祀られています。

諸堂・境内案内図はこちら

 

延宝三年(1675)に伝染病が大流行した時、鐘馗霊神の絵を奉納したところ、大流行が治まったと伝えられ、今も多くの人が参拝しています。